充実したカーライフをサポートする自動車情報サイト

>

購入前後の事故車購入対策

購入前に事故車・不正車を見分ける

予算の都合や、運転技術の未熟さから低価格な事故車の購入を考えているのであれば別ですが、純粋に自動車の性能と価格を天秤にかけて中古車を購入したいのであれば事故車と非事故車を見分ける必要がありますし、不正車に至っては分解し、ジャンク部品にするのでもない限り無用の産物に他なりません。

そこで、事故車と不正車を見分けるポイントをそれぞれ提示することにしましょう。

まず事故車ですが、事故車の見極めのポイントは、自動車の開閉可能部位や接合部位の隙間の均一性・塗装の均一性・金属ボルトの状態確認の計三点が挙げられ、いずれかに以上がある場合は、販売店やカー・ディーラーに確認を取る必要があります。

不正車の見極めのポイントは、内装の傷み具合とメーターと走行距離の整合性の一点で、走行距離に対して内装の痛みが激しい自動車はまず疑ってかかるべきです。

事故車や不正車を購入してしまった場合

中古車購入における最大のリスク要因は、普通に自動車を購入した場合と比較して、不具合のリスクが高いにもかかわらず、普通に自動車を購入した場合と同じくクーリングオフができない点に加えて、原則的に返品やキャンセルもできないという二点に集約され、自動車が高価であることも手伝ってローリスクとは言い難いものがあるので、普通の自動車購入以上に各種リスクに気を配ることが求められます。

なお、事故車及び不正車の購入キャンセルや返品が可能となる例外として、契約者が未成年だった場合や契約に不備があった場合、契約のキャンセル条件が契約に含まれていた場合は契約のキャンセルが可能となり、中古車販売店やカー・ディーラーが中古車の情報を改ざん・隠蔽していた場合には返品も可能です。


この記事をシェアする